ロシッリ
Rhossili

Rhossili
Rhossili
 ロシッリはガウアー半島の端にある景勝地。写真に見えるように、崖の下に広々とした海岸が広がっていて、息をのむほど美しい。

 この近辺は自然保護地区に指定されている。
Rhossili
 近くに有料駐車場があり、料金は2.50ポンド。入場料だと思えばそれほど高くはない。

 バスで訪れることもできるらしく、バス停では人が待っていた。

 左の写真では、右側に駐車場、左側が絶壁と海、そして道の先にはロシッリの村がある。

Rhossili
 カフェや簡単な食事をする施設は、この村にある。

 私たちが訪れた際、かなり強い風が吹いていたが、これは珍しいことではないらしい。気温が高くても、寒く感じるので、上着は持ってきた方がいい。

Worm's Head, Rhossili
 写真の中央に写っているのは「ワームズ・ヘッド」と呼ばれる陸続きの小島で。ここでいうワームは、虫という意味ではなく、古ノース語の龍を意味する言葉から来ているのだそうだ。

Beach, Rhossili
 ロシッリの砂浜。広々としていてとても気持ちがいい。

 普通の海水浴客はいなかったが、サーフィンをやっている人がけっこういた。また、砂浜ではスポーツ凧を操る人の姿も見られた。何も引っかかるものがなく、風が強いので、凧揚げには最適の環境らしい。

 この砂浜の5センチぐらいを上を砂が風に流れ、まるで地面が動いているように見えた。とても神秘的。

Helvetica, Rhossili
 砂浜から突き出しているこの岩のようなものは、1887年に難破した船「ヘルヴェティカ号」の残骸。
 

 ロシッリの絶景を堪能して、ポットに持ってきたお茶を飲んだ後、私たちは半島南部にあるオクスウィッチに向かった。


次のページ(オクスウィッチ)へ

ページトップに戻る