ヒオス島 メスタ 〜3〜

旧大天使教会のイコノスタシス
<場所> ヒオス島南部(マスティホホリア)

 1412年に創建された教会で、現在のタクシアルヘス教会(前ページ参照)ができるまでは、村の最も重要な教会だった。

 上と下に写っているのは木を彫刻して作られたイコノスタシス(教会の中で信徒の立ち入れる部分と、祭壇を隔てるスクリーン)。これは、ある修道士が一本の木から、数十年間かけて作ったもので、完成した後、彼は視力を失ったという伝説がある。

旧タクシアルヘス教会 旧大天使教会のフレスコ

 上の写真に写っている金髪の女性が教会の鍵を持っており、いろいろ説明してくれた。この人はアメリカ人なのだが、どうやら、新らしい方のタクシアルヘス教会を建築した人物の子孫らしい。

 右は、教会の壁に残るフレスコ画。かなり損傷している。1503年に描かれたもので、比較的最近になって発見された。おそらく、上に漆喰がかぶせられていたのだろう。

北東の門

 左と下に写っているのは、メスタに六つある門のうち、北東に位置するもの。この鉄の扉はオリジナル。左が内側から撮影したもので、下が村の外側から撮影したもの。横に水のみ場がついている。
北東の門
塔

 メスタに残る、防衛用の塔のひとつ。

 ピルギやオリビ同様、メスタの村の中心にも塔があったのだが、すでに述べたように、それは取り壊され、現在その場所にはタクシアルヘス教会が立っている。
鍵のついた扉

 メスタでは、右の写真のように、扉に鍵がつけっぱなしになっているのを時々見かけた。
 家の中に誰かいることを示すという意味があるらしい。つまり、鍵がぶら下がっているのを見た時には、近所の人や友人が、気兼ねなく訪問してもいいということになる。


 ページトップに戻る




copyright notice