ヒオス島 メスタ〜2〜
タクシアルヘス教会
<場所> ヒオス島南部(マスティホホリア)
タクシアルヘス教会

 メスタの中心にあるタクシアルヘス(大天使)教会は、ヒオス島で最も大きな教会で、1868年に建造された。教会周囲には広いスペースがないため、教会全体を撮影することはできなかった。

 もともとこの場所には円形の塔が立っていたのだが、それを取り壊して造られたのだそうだ。

 上と右の写真に写っているのは拝廊とその前の装飾された床。白と黒の小石を使って床を装飾する技法は東エーゲ海とドデカネソスでよく行われるもので、ヒオス島でもしばしば見かけた。こちらはネア・モニで見かけた例
タクシアルヘス教会拝廊

 こちらは拝廊。天井と壁の白と水色、床の灰色と珊瑚色、そして柱と窓・扉枠の石の色の取り合わせが美しい。






 下の二枚の写真は教会の内部を撮影したもの。

タクシアルヘス教会内部
タクシアルヘス教会内部


 教会の前に位置する塔。この写真では見えないが、中に鐘が入っている。左側に写っている時計塔兼鐘楼にも鐘はついているので、おそらく用途が違うのだろう。
大天使


 左は、壁に設置されていた大天使のレリーフ。2000年に誰かが寄贈したものなので、新しい。
電話ボックス
 右は、完全に周囲に溶け込んでいる電話ボックス。


 次のページへ


 ページトップに戻る




copyright notice