『ギリシャへの扉』 > ギリシャの旅 > シロス島
シロス島
Kini Beach, Syros
 シロス島(もしくはシーロス島)は、ピレウス港発のフェリーで、4時間ほどで到着するキクラデス諸島の島(2014年の夏、フェリーのチケットは片道30ユーロほど)。

ギリシャでは、ルクミやハルバドピタと呼ばれるお菓子の生産で有名。

住民にはカトリック教徒が多く、島の首都であるエルムポリスを見下ろす丘の頂上には、それぞれカトリックとオーソドックス(正教)の教会が立っている。

カトリック教徒が多いのは、十字軍時代にジェノヴァやヴェネツィアからの移住者があったため。独立戦争時代にはプサラ、ヒオス、クレタ島からの避難民が定住し、正教徒も増えた。

参考文献


ページのトップに戻る


Copyrighted material