『ギリシャへの扉』 > ギリシャの旅 > スキーロス島
スキーロス島
Panoramic View of Molos Beach, Skyros
 スキーロス島はエーゲ海の西側、スポラデス諸島を構成する島の一つで、スポラデスの島の中では一番大きい。)

 エヴィア島の東側にある港キミからフェリーボートが出ているほか、アテネとの間には飛行機も運航している。アテネからキミまでは、KTELのバスが出ている。
 こちらがフェリーを運行する会社のホームページ。タイムテーブル他、運賃も調べることができる。
http://www.sne.gr/
 予約をしたい場合には、キミのポート・エージェントに電話すれば、前払いしなくとも予約してくれる。

キミの港Linaria Port
キミ港に停泊中のフェリーリナリア港に停泊中のフェリー

 車で行く場合、アテネからハルキダまでは1時間程度、ハルキダからキミまでは2時間程度余裕を見た方がいい。フェリーに乗っている時間は1時間40分程度だが、特に車を載せる場合には出航の1時間前には港に来るように言われる(ハイシーズンでない限りは20-30分も前に到着すれば十分ではあるが)。

 キミの港にはカフェやタベルナが何軒かあるので、食事をしながら時間をつぶすことができる。

 船の中に食堂はないが、サンドイッチやポテトチップス、飲み物などは買うことができる。値段は特に高くなかった。

 フェリーはスキーロス島のリナリア港に到着する。車やバイクを持ってきていない場合には、ここからホーラまではKTELのバスかタクシーを利用する。リナリア港にもペンションはある。

参考文献

ページのトップに戻る


copyright notice