『ギリシャへの扉』 > ギリシャの旅 > ペロポネソス半島 > リオの要塞
ペロポネソス半島 リオの要塞
Castle of Rio
Rio
 リオとその対岸のアンディリオはコリントス湾の西端に位置し、この部分で湾が一番狭くなるため、戦略的な要衝だった。

 この要塞をはじめて建設したのはオスマン・トルコ帝国のスルタンバヤジッド二世で、1499年のこと。建築には三ヶ月しか要しなかったという。

 要塞を拡大、補強したのは1687年にここを奪取したヴェネツィア人で、十八世紀にはさらなる補修、拡大を行った。右の図で茶色の部分がトルコ時代、それ以外の青い部分はすべてヴェネツィア時代に建築された。

Rio

 要塞の南側に位置するメイン・ゲート。
Rio
 オスマントルコ時代の浴場(ハマム)。
Rio
 ハマムの内部。

Rio
 リオの要塞と、リオ・アンディリオ間にかかる橋。

 この橋は2004年のアテネ・オリンピックに合わせて開通。全長2880メートルあり、ケーブルで吊り下げるタイプの橋としては世界で一番長い。

 この橋ができるまで、リオ・アンディリオ間はフェリーでしか渡ることができなかった。

Rio

参考文献


ページのトップに戻る


copyright notice