『ギリシャへの扉』 > ギリシャの旅 > ミケーネ遺跡 > 地下貯水池
ミケーネ遺跡: 地下貯水池
Underground Fountain, Mycenae
Mycenaean Underground Fountain
ミケーネのアクロポリスは丘の上にあるが、そこには自然の湧き水はないので、ミケーネ人はどこかに水源を確保する必要があった。彼らは、初期の城壁の北東部外側にあった岩の裂け目を利用して地下に穴を掘り、そこに地下貯水池を建設した。水は、城西から360メートル程度離れた場所から、石でできた水道を使ってここに流れ込む。市壁が拡大された際、この貯水池も壁の中に囲い込まれた。

地表から貯水池までの深さは18メートル。階段を伝って降りてゆくことができる(現在は最初の踊り場より下は立ち入り禁止になっている)。


Cistern of Hellenistic Period
こちらはヘレニズム時代に造られた貯水池で、地下貯水池入り口のすぐ近くにある。


References



ページのトップに戻る


copyright notice