コス島 アスクレピオスの聖域の上段
アスクレピオスの大神殿
聖域上段にあるアスクレピオスの大神殿。これは後部(南側)から見たところ。

神殿床
 神殿の床。

 この神殿は、ヘレニズム時代(前二世紀)に建築されたもので、ドーリア式だった。

円柱の跡
 円柱の跡。上の写真からも分かるように、立った状態で残っている円柱はまったくないが、もともとは前後に六本、側面に十一本の円柱が並んでいた。

柱頭
 神殿に置かれている円柱の上に乗っている柱頭(なのだが、この上に載っている板と共に祭壇として用いられていたらしい)。IEXCのギリシャ文字が見えるが、これはイエス・キリストを意味する。つまり、キリスト教時代のもので、この場所に教会が造られたことを意味する。この教会はパナギア・トゥー・タルスー(タルソスの聖母マリア)という名前だった。

彫刻
 神殿の西に落ちていた彫刻のある石板。十字のモチーフで、やはりキリスト教時代のもの。

石棺?
 神殿西側にある石棺のらしきもの。いつのものかは分からない。古代人は聖域に死体を置く習慣を持たなかったので、やはり古代末期以降のものであろう。

ストアと患者の部屋
 聖域の東側にあるストアの跡。右側にあった建物は「患者の部屋」と呼ばれている。聖域下段と同じ構造である。

参考文献

トップに戻る

copyright notice