コス島 アンティマヒアの城
アンティマヒアの城
ゲート
 アンティマヒアの城は聖ヨハネ騎士団によって建設されたもので、島の中心部の高地に位置する。この場所の建設は十四世紀に、行状の良くない騎士を収容するための施設として始まった。さらに、1490年代、コスの城と平行して要塞として建設された。

 これが城の門で、入り口は一つしかない。
門
 これは二つ目の門。
紋章
 門の上についている紋章。紋章の下には、1494年の文字が見える。

城の内部
 これは城の内部。大きな建物は特になく、現在立っているのは、二つの教会だけである。かつては中に家屋があったらしいが、現在では跡しか残っていない。

古代の碑文
 これは、城の建材として再利用されている古代の石碑。よく見えないと思うが、四角い大理石の下の方にギリシャ語の碑文が刻まれている。

   次のページへ


参考文献

トップに戻る

copyright notice