『ギリシャへの扉』 > ギリシャの旅 > アッティカ > エゴステナ
エゴステナ(ポルト・ゲルメノ)
Aigosthena
 エゴステナ(ポルト・ゲルメノ)は、コリント湾東部に面するリゾート地。古典期末からヘレニズム時代の城砦が残っている

Aigosthena
 文献資料にはほとんど現れないため、この城砦がいつ造られたかは、建築スタイルと歴史的背景から推定するほかにない。現地の案内板によれば、有力なのは、アテネ人がメガラと同盟を結んだ後、テーベの脅威に備えて、前343年に建設したという説。

 丘の高い部分にアクロポリスが位置し、城壁の保存状態は最もよいが、壁自体は海にまでずっと続き、港も囲い込んでいた。

Aigosthena
 右に写っているのは最もよく残っているアクロポリス南端の塔。

エゴステナ

同じく南端の塔を近くから撮影した写真。8.8メートル四方、高さが18メートルほどある

ロープが張られていて、中に入ることはできない。

Aigosthena
アクロポリス東側の城壁に開いている門。

裏口として使われたのだろう。
Aigosthena
 城壁の海にまで続いている部分。城壁が港を囲い込むようになっていた。

参照文献

ページの最初に戻る


Copyright Notice