唯一の真の教会


 正教会は「唯一の真の教会」です。
 宗教的プリュラリズムの時代に生きている私たちには、なかなか受け入れにくい考え方かもしれません。
 正教会が「唯一の真の教会」である理由は何かと聖職者に尋ねると、それは、正教会が原始教会からの伝統を最も忠実に守っているからだという答えが返ってきます。これが納得のゆく説明かどうかは、受け取る人によって様々でしょうが、正教会の立場としてはこういうことになります。

 
前ページに戻る

copyright notice