サンタ・マリア・アンティクア教会
 Santa Maria Antiqua
『イタリアへの扉』ローマとラツィオ > サンタ・マリア・アンティクア教会

[所在地] フォロ・ロマーノ ローマ ラツィオ イタリア Foro Romano Roma Lazio Italia

フォロ・ロマーノの南側、カストル神殿の奥に位置する三身廊の教会。ドミティアヌスが建造した建物の一部を利用して、六世紀ビザンツによるローマの再征服の後に教会に転用された。恐らくは847年の地震の後で放棄され、教会の機能、聖具、イコンなどは、ヴェヌスとローマ神殿に造られたサンタ・マリア・ヌオーヴァ教会に移された。

内部は六世紀から九世紀の壁画で飾られている。現在これらの壁画の保存のためおこなわれている修復は2005年内に終了し、その後は一般公開が予定されている。

参考文献

ページ・トップに戻る

Copyright Notice