カエサルのロストラ
カエサルのロストラ
『イタリアへの扉』ローマとラツィオ > カエサルのロストラ

[所在地] フォロ・ロマーノ ローマ ラツィオ イタリア Foro Romano, Roma, Lazio, Italia

Caesarian Rostra
カエサルは、それまでコミティアにあった演説台「ロストラ」を、フォルム・ロマヌムの西端、サトゥルヌス神殿の北側に移した。アウグストゥスは、カエサルのロストラに長方形の基壇をつけて、幅23.8メートル、奥行き10.5メートル、舗装面からの高さ3メートルという巨大なステージに改造した。

その後、第一次四頭制時代に改修されている。

なお、演説台が「ロストラ(船嘴)」と呼ばれるのは、前338年、アンティウムの戦いでマエニウスが拿捕した敵船の船嘴を戦勝記念として、演説台に取り付けたためである。

参考文献

ページ・トップに戻る

Copyright Notice