皇帝フォカスの記念柱
Column of Focas
『イタリアへの扉』ローマとラツィオ > 皇帝フォカスの記念柱

[所在地] フォロ・ロマーノ ローマ ラツィオ イタリア Foro Romano, Roma, Lazio, Italia

ビザンツ治下のイタリア太守(exarchus)を務めていたスマラグドゥスが、608年に皇帝フォカス(602-610)に捧げたモニュメント。現在は残っていないが、柱の上にフォカスの像が立っていたことが碑文から分かる。

柱と台座は四世紀のものであるが、四世紀には既に使い回しであった。柱は、コリント式柱頭のスタイルから判断して、二世紀半ばごろにつくられたと見られる。

プロコンネソス産大理石でできた柱は14.8m.だが、下の台座からだと22.2m.になる。

参考文献

ページ・トップに戻る

Copyright Notice