元老院議事堂 (ローマ、フォロ・ロマーノ)
ローマ元老院議事堂
『イタリアへの扉』ローマとラツィオ > 元老院議事堂

クリア内部にあるレリーフ
クリア内部にある帝政期のレリーフ。戸口調査(ケンスス)の情景が描かれている。
 この場所にある元老院議事堂(クリア)は、ユリウス・カエサルが建設を始め、アウグストゥスが前29年8月28日に完成させた。カリヌス帝の治下、283年の火災で被害を受けたが、四頭政治時代に再建された。現在は外壁のレンガが露出しているが、かつては大理石板やストゥッコで飾られていた。

クリア内部
クリア内部の壁面にあるニッチには、中世に描かれたフレスコ画が残っている。。
屋根は現代になって修復されたものであるが、その天辺までの高さは、31.6メートルに及ぶ。ホールの奥行きは25.63メートル、幅は17.75メートルで、ホールの両側に議員が座るための席が置かれていたらしい。

内部の床を飾るオプス・セクティレは、四世紀のものとしては最も保存状態のよい例の一つ。


クリア内部
クリア内部。床の装飾は四世のものが現存している。

 正面入り口に据え付けられていた青銅製の扉は、サン・ジョヴァンニ・イン・ラテラーノ教会に移され、現存している。

七世紀には、聖ハドリアヌス教会として転用された。

参考文献

ページ・トップに戻る

Copyright Notice