ウェスタ神殿
Temple of Vesta
『イタリアへの扉』ローマとラツィオ > ウェスタ神殿

[所在地] フォロ・ロマーノ ローマ ラツィオ イタリア Foro Romano, Roma, Lazio, Italia

フォロ・ロマーノの南側に位置し、ウェスタの巫女の邸宅(Atrium Vestae)に隣接している。ローマで最も古くからある神殿の一つであるが、現存するのは、191年の火災の後で、セプティミウス・セウェルスの皇后ユリア・ドムナが再建したもの。

この神殿は、石材を転用するため1549年に破壊され、基台部分しか残っていなかった。1877-1901年の発掘で周囲から発見された断片に、現代のトラヴェルティーノ岩を加えて、1930年に西側の一部だけが再建された。

コリント式の円柱が支える円形プランの神殿。外円の直径は14.8メートル程度であり、テヴェレ川沿いにある円形神殿と全く同じ大きさである。入り口は東側、ウェスタのアトリウムのほうを向いていた。

下の写真で左側に写っている三本の柱は、やはりフォロ・ロマーノにあるカストルとポルックスの神殿。
Aedes Vestae

参考文献

ページ・トップに戻る

Copyright Notice