ピサの斜塔
ピザの斜塔
[場所] ドゥオモ広場 ピサ トスカーナ イタリア Piazza del Duomo Pisa Toscana Italia

ピサの斜塔の建築は、1173年、ボナンノ・ピザーノが、グリエルモ・ディンスブルクの協力を得て始めたとされている。しかし、地盤が弱かったために、塔は南側に傾きだし、三階部分で、建築は一時中断された。

ピサの斜塔
1275年、ジョヴァンニ・ディ・シモーネが建築を再開し、さらに三つの階を付け加えた。更なる傾きを防ぐため、塔の新たな部分は、傾いているのとは反対側に反る形で建てられている。

1350年に、トンマーゾ・ディ・アンドレア・ピザーノが本来の意味での鐘楼部分を造って、塔の建築は完了した。

塔の高さは、55.86メートル、基底部分の直径15メートル、外周48.62メートル、壁の厚さ4メートル(四階以上は、2メートル)。地階から鐘までの階段の数は、293段に登る。

塔の入り口部分には、フィレンツェの芸術家、アンドレア・グアルディ(十五世紀)の聖母子像が設置されている。


参考文献

ページ・トップに戻る

Copyright Notice