オスティア 七界のミトラエウム
Mithraeum of seven spheres
イタリアへの扉ラツィオ州とローマ> 七界のミトラエウム(オスティア)

七界のミトラエウム
 ミトラエウムとは、ミトラス教徒が崇拝を行った場所のこと。オスティアにはミトラエウムがいくつか残っているが、これが一番保存状態がいい。「七界のミトラエウム」という名称は、中央の通路部分がモザイクで七つに分けられていることから来る。ミトラス教では、信者が七つの階梯を上ってゆくことになっていた。

 右の写真に写っているのは、ベンチのモザイク。トーチと雄鶏を手に持った人物が描かれている。

Mithreo di sette sphere
 このミトラエウムは二世紀に建造され、床やベンチがモザイクで飾られている。一番奥の壁に設置されている、牡牛を殺すミトラスの彫刻は複製であるが、本物はバチカン美術館で見ることができる。

参考文献

ページ・トップに戻る

Copyright notice