オスティア アレクサンデルの酒場
拳闘士アレクサンデル
イタリアへの扉ラツィオ州とローマ> アレクサンデルの酒場(オスティア)

ヴィーナスのモザイク
 「アレクサンデルの酒場」はマリーナ門のすぐ外側にある。この場所はもともと商店だったが、二世紀の終わりから三世紀の初めに酒場兼宿屋に改造された。

 床モザイクは三世紀前半のもの。一番上の写真に写っているのは、当時人気のあった拳闘士アレクサンデル・アレクサンドリヌスとアウレリアヌス・ヘリックスを描いたもの。二人が行っている競技はおそらくパンクラティウムと呼ばれるもので、ボクシングとレスリングを合わせたようなもの。二人の間にあるのは、勝利のシンボルである椰子の枝であると解釈されている。へリックスの右にあるのは、勝利の商品であるカップか、身体に塗る油を入れる容器らしい。

 二番目の写真はウェヌス(ヴィーナス)とエロス。下の写真も同じ場所で撮影した。二人の人物が何をしているのかは明らかでない。

アレクサンデルの酒場の床モザイク

参考文献

ページ・トップに戻る

Copyright notice