Gate to Greece: http://www.mesogeia.net

ギリシャの歴史

1 前史時代


石器時代

 ギリシャで最も古い人類の痕跡は前期旧石器時代に遡る。マケドニアのペトラロナ洞窟からは35万年前の頭蓋骨が、エピロスからは20万年前の居住の跡が発見された。中期旧石器時代(10万〜3万5千年前)には、北ギリシャに狩猟生活を営むネアンデルタール人が現れる。エピロスのルーロス渓谷にある洞穴からは、前四万年ごろに遡る集落が発見された。後期旧石器時代(3万5千〜1万年前)には、現在の人類と解剖学的に近い「新人」が現れた。

 ヨーロッパで最も古い時代に遡る農耕集落はギリシャのものである。テッサリアとマケドニアの肥沃な平原がその中心だった。ギリシャでは、紀元前7千年から紀元前3前年までを新石器時代と呼ぶ。前7千年頃には、おそらく小アジアから農耕民族が移住している。ヴェロイアに近いネア・ニコミディアの初期新石器時代の集落跡は前7000-6000年頃、テッサリアのセスクロ(Sesklo)の集落跡は前6000-5000年ごろ、ディミニの集落跡は前3400年ごろに遡る。ギリシャ南部には旧石器時代の居住の跡は少ないが、ラコニアのディロス(Diros)にあるアレポトリュパ(Alepotrypa)洞窟で発見されている。

 

青銅器時代

ギリシャの青銅器時代は、初期(前3000-2000年頃)と、中・後期(前2000-1100年頃)に分けられる。

青銅器時代初期 (Early Helladic)

 ギリシャで最初に青銅器を使い始めたのは、新石器時代の中心地であるテッサリアではなく、エーゲ海地域の住民であった。これは、青銅器がアナトリアから伝わったためである。この時代の痕跡が見つかっているのは、ペロポネソス半島とギリシャ中部の東岸、キュクラデス諸島、クレタ。この時代の人々は、まだ後にギリシャ語となる言語を使っていなかった。-ssos、-ttos、-nthosで終わる地名はこの時代に使われていた言語の名残である。

 ギリシャ本土で最もよく残っているヘラディック初期の遺跡は、アルゴス地方のレルナ(「タイルの家」)。エギナ島エギナ市のコロンナ遺跡にもこの時代の家屋の跡がある。

 クレタでは初期ミノア文化が花開いた。エジプトの古王国と交流があったことも分かっている。

青銅器時代中期・後期

 前2200年頃と前2000年頃、ギリシャに入ってきた侵入者によって、青銅器文化の中心地が破壊される。彼らはギリシャに新たな建築スタイル、個人別葬の墓、回転する円盤を使った陶器の作成方法、馬、ギリシャ語をもたらした。私たちが知っているギリシャの神々の多くも彼らによってもたらされたらしい。青銅器時代後期(前1600年から前1050年)は、ホメロスによって語り継がれた、ギリシャ神話の英雄時代と一致する。

 クレタだけは「ギリシャ人」侵入の被害を逃れ、その影響はキュクラデス諸島に広がってゆく。この文明は、伝説的な王ミノスの名前から「ミノア文明」と呼ばれる。クレタ島のクノッソス、ファイストス、マリアには宮殿が建築されていることから、権力の集中が起きたことが分かる。ギリシャ最初の文字文化もここで始まったが、前2000年から1660年ごろに使われた象形文字、前1900年ごろから1450年ごろに使われた線文字Aともにまだ解読されていない。前1550年頃ミノア人の勢力は頂点に達し、ミロス島のフュラコピ、ティラ(=サントリーニ)島のアクロティリ、キュティラ島のカストリ、ロードス島のトリアダ、そしてミレトスにまでその痕跡を残している。ミノアの陶器は、キュプロス、シリア、エジプトにも輸出された。

 前1500年前後にティラ(サントリーニ)島の火山が噴火した頃からミノア文明は衰退し始め、ミケーネを初めとする大陸のギリシャ人の力が伸張し、ギリシャの後期青銅器時代(Late Helladic)は、ミケーネ時代とも呼ばれる。このミケーネ文明の中心地としてはミュケーネのほか、ティリンス、ピュロス(以上、ペロポネソス半島)、ボイオオティアのテーベが挙げられる。前十六から十五世紀のギリシャには、いくつもの小さな王国が並存していたようである。クノッソスの文書庫から見つかった線文字Bの言語は原始的なギリシャ語であり、恐らく大陸のギリシャ人がクレタにまで勢力を及ぼし始めたことによると見られる。ミノア文明の滅亡に、大陸のギリシャ人たちの武力が関係していた可能性もある。

 前十四から十三世紀前半、ミケーネはエーゲ海全域に勢力を伸ばした。ミノア文明が防衛に関心を示さなかったのに対し、ミケーネ遺跡の王宮は巨大な石材を使った壁に守られている(ミケーネ、ティリンス、ミデア、テーベ、アテネのアクロポリス、グラ)。また、ミケーネ文明は、墓から発見された黄金の副葬品でも知られている。ミノア文明が衰退するのと時期を同じくして、ミケーネ人は、ギリシャの島嶼部に進出を始め、交易に参加するようになる。しかし、前十三世紀の後半からミケーネ文化は衰退を始める。前1200から1100年の間には、ピュロス、ミケーネ、ティリンスが外敵の攻撃を受けて破壊されている。これは、新たに到来したギリシャ人「ドーリア人」によるものと考えられているが、異論もある。

 


戻る

copyright notice