Gate to Greece: http://www.mesogeia.net

アテネの歴史

1 前史時代


 アテネで最も古い居住の跡は新石器時代末期に遡り、アクロポリス周辺の洞窟で見つかっている。アッティカでは旧石器時代の遺跡も発見されているが(ピケルミ、ブラウロン、キツォス洞窟など)、アテネでは今のところ発見されていない。

 アッティカは紀元前6000年ごろ新石器時代に入り、農耕と牧畜が始まる。こうした文化は、オリエント世界との接触によりもたらされたらしい。

 アッティカに青銅器がもたらされるのは前3000年から前2800年ごろ。前2000年ごろ、別の場所から移住してきた人々とともに、中青銅器時代(前2000年から前1600年)が始まる。アクロポリスとその周辺ではこの時代の埋葬の跡が残っている。アテナ女神がアテネ市の守護神となったのはこの時代のこと。

 後期青銅器時代(前1600年から前1100年ごろ)であるミュケーネ時代には、アクロポリスが要塞化する(前1250年以前)。これはアテネが、アテネとその周辺の支配を確立していったことの痕跡と見られる。伝承によれば、アテネのケクロプス王がアッティカの十二都市をまとめ、また、テセウス王がアッティカを統一しアテネを首都とした(シュノイキスモス)。
 ュケーネ時代の文明は突然終了する。原因は、北から異民族ドーリア人が侵入したためだとされているが、詳細は定かでない。


「2 アーカイック期」へ
「アテネの歴史」トップへ戻る


copyright notice
「アテネの歴史」インデックス
1. 前史時代
2. アーカイック期
3. 古典期
4. ヘレニズム時代
5. ローマ時代
6. 古代末期(3〜6世紀)
7. ビザンツ時代
8. 十字軍時代
9. オスマントルコ時代
10. 独立戦争時代
11. ギリシャ王国
12. 第一次世界大戦
13. 第二次世界大戦
14. 第二次世界大戦以降

15. 参照文献