Gate to Greece: http://www.mesogeia.net

アテネの歴史

6 古代末期(三世紀から六世紀)


三世紀

 267年、ヘルリ人がアテネを略奪、破壊する。

四世紀

 アテネは哲学の中心地として栄える。将来皇帝となるユリアヌス、将来司教となるカエサレイアのバシレイオス、ナズィアンゾスのグレゴリオスもここで学んだ。
 396年、ゴート王アラリックがアテネに攻め込む。この時もアテネは被害を受けたに違いない。

五世紀

 アテナ神殿であったパルテノンが、神の母マリアに捧げられた主教座教会になる。
 ヘファイステイオン(テセイオン)、エレクテイオン、オリュンポスのゼウス神殿も、教会として利用されるようになる。

六世紀

 皇帝ユスティニアノス(在位527-565年)、529年にアテネの哲学学校を閉鎖。異教徒であった哲学者たちは、アテネから立ち去る。


戻る

copyright notice
「アテネの歴史」インデックス
1. 前史時代
2. アーカイック期
3. 古典期
4. ヘレニズム時代
5. ローマ時代
6. 古代末期(3〜6世紀)
7. ビザンツ時代
8. 十字軍時代
9. オスマントルコ時代
10. 独立戦争時代
11. ギリシャ王国
12. 第一次世界大戦
13. 第二次世界大戦
14. 第二次世界大戦以降

15. 参照文献