ホームページ > ギリシャの料理と食べ物 > 肉料理

肉料理


スヴラキ
豚肉のスヴラキ・プレート


 ギリシャ人はよく肉を食べます。最近では近海で取れる魚が減っているため、魚の値段が上がっているのも理由の一つのようです。ギリシャで食べられるのは、牛肉、豚肉、鶏肉、羊肉で、ほぼ日本と同じと考えていいでしょう。

 なぜか、ギリシャの牛肉はほとんどが子牛(英語のveal)で、成牛の肉(英語のbeef)は滅多に見かけません。そのせいか、普通の食生活の中にビーフステーキというものはありません。また、肉は基本的にすべてウェルダンの状態ででてきます。




ギロス
ギロスを焼く人

 ギリシャを旅行する人にとってもっとも身近な肉料理は「ギロス」と「スヴラキ」でしょう。ギロスとは、左のようにぐるぐる肉を回しながら焼く料理のことで、たいていは豚肉ですが、最近はミンチを使ったドネルも時々見かけます。スヴラキというのは串(スヴラ)に刺した肉を焼いたもので、上の写真に写っているのがそうです。



Gyroptia
ギロピタ

 この、スヴラキやギロスをもっとも手軽に食べる方法は、右の写真(奥のほうに写っているもの二つがそれ)のように、丸くて薄いパン「ピタ」に巻いてもらうことです。立ち食いだと、だいたい一つ1.60ユーロぐらいでしょう。

 中には、肉のほかにトマト、レタス、生たまねぎ、フライドポテト、そしてザジキ(ヨーグルトときゅうりの薄切りを混ぜたもの)が入っているのが普通で、店の人が塩と胡椒をかけてくれます。




ヒオス島で食べた「ギロス」
ヒオス島で食べた「ギロス」

 しかし、ギロスには上の写真に写っているようなものだけではなく、左の写真にあるような普通の焼肉のようなものもあります。これもやはり、豚肉の塊を串刺しにして、直火の上でぐるぐる回しながら焼いていました。この「ぐるぐる回す」というところが「ギロス」のポイントなのです。




肉料理いろいろ




ラムのレモン煮込み
ラム肉のレモン汁煮込み

 左はコス島で食べた、ラム肉のレモン汁煮込みです。この写真ではよく分からないかも知れませんが、かなりの大きさの肉の塊が乗っかっていて、食べ終えるのに苦労しました。長時間煮込まれているので、レモンの味はしないのですが、おそらく肉を軟らかくするのに役立っているのでしょう。


前のページに戻る/ ホームページに戻る

Copyright notice