ホームページ > ギリシャの料理と食べ物 > デザート、お菓子

デザート・お菓子


お菓子屋
 ギリシャのお菓子は基本的に中東系で、非常に甘く、バター、油、ナッツでギトギトしています。
 もともと、ギリシャの食文化に、食後のデザートという概念はなく、こうしたお菓子はおやつとして食べる場合が主だったようです。現在では、西ヨーロッパ的食文化の影響で、食後のデザートを楽しむ人も少なくありませんが、食後に食べるのはアイスクリームや果物など、あっさりしたもののことが多いです。

 

代表的な御菓子

Baklavadakiaバクラバとバクラバダキャ: 薄いパイ生地「フィロ」の間に、ナッツを砕いたものを挟んでオーブンで焼き、その上から砂糖シロップをかけたもの
カタイフィ: バクラバと似ているが、パイ生地ではなく、細い麺状の生地をまとめてつくる
ハルヴァス: セモリナ粉をオリーブオイルで炒め、その中に砂糖シロップを加えて固めたもの
カタイフィ: そうめんを細くしたような生地を焼いて、シロップに漬けたお菓子
エクメック: カタイフィの上から生クリームをかけたもの
ガラクトブレコ: パイ生地の間に、カスタードとセモリナのプディングを挟んで焼き、上から砂糖シロップをかけたもの
ブガツァ: ガラクトブレコに似ているが、シロップはかかっていない
カリドピタ: 胡桃のケーキに砂糖シロップをかけたもの
ラヴァニ: スポンジケーキに砂糖シロップをかけたもの
ルクマデス: 醗酵生地のドーナッツに蜜をかけたもの
ファヌロピタ: バターや卵を使わないスパイスケーキ
トリゴナ: バクラバにカスタード・クリームを詰めたお菓子
ディプレス: シロップに浸した薄い揚げクッキー


カザンディピ リゾガロ
 左上は「カザンディピ」という小アジア起源のデザート。パンナコッタの上にカラメルがかかったような感じで、本来は水牛のミルクで作るそうです。

 右上はリゾガロという、米を牛乳と砂糖で煮て上からシナモンをかけた、地中海地域ではどこでも見られるデザート。

 右は、トゥルバというお菓子で、揚げた生地にシロップをしみ込ませた、典型的なギリシャ・トルコのお菓子。
Touloumpa

ハルヴァス ルクミ
 こちらはお菓子屋さんの店先。

 左上はハルヴァス。「ハルヴァス」と呼ばれるお菓子には二種類あり、一つはセモリナ粉をオリーブ油で炒ったものをシロップと混ぜて固めたセモリナのハルヴァス、もう一つは地中海域のイスラム諸国でもポピューラーな、ヌガーを軟らかくしたようなお菓子で、ここに写っているは後者。バナナ味やチョコレート味、ナッツ入りなど。

 右の上と下は、スズキ(Soutzouki)。葡萄の搾りかすとナッツ、砂糖で作るお菓子です。

 日本人だと、この手のお菓子は、好き嫌いが分かれると思います。
ルクミ


前のページに戻る/ ホームページに戻る

Copyright notice