ギリシャへの扉 > アテネ案内 > アテネの見所 > プラカ > ユダヤ博物館
アテネ ユダヤ博物館
Jewish Museum

<所在地> ギリシャ アッティカ アテネ プラカ地区

Jewish Museum
 プラカの外れにある小さな博物館(建物は右の写真に写っているものだが、入り口はこのドアではなく、この写真の右側の小道を入った所にある)。1977年に設立された。

 ギリシャにおけるユダヤ人の歴史を伝える展示物を見ることができる。

 博物館の資料によれば、第二次世界大戦直前のギリシャには7万8千人のユダヤ人が住んでいたが、そのうち6万5千人がナチス・ドイツの犠牲になってしまった。特に、テッサロニキには5万人に登る、ヨーロッパ最大級のユダヤ人コミュニティーがあったのだがほとんどが強制収容所送りになって人口の97%を失い、事実上消滅してしまった。戦争が終わった時点でギリシャにいたユダヤ人の数は1万人、現在ギリシャに住むユダヤ人の数は5千人以下。

 一番上の写真は、信者の数が減ってしまったため破壊されたパトラスのシナゴーグを再現した部屋。
Jewish Museum
 ここに写っている筒のようなものは「ティク」というトーラ(モーゼの五書、すなわち『旧約聖書』の最初の五書)のマニュスクリプトを収めるための容器。

Jewish Museum

 こちらはユダヤの祭儀・お祭り事に使う道具を集めた展示。

Jewish Museum
 まだギリシャがオスマントルコの支配下にあった時代にユダヤ人が着ていた衣装。

 オスマントルコでは、帝国民が西洋風の装束を身につけることを禁止していたので、こうした伝統的な衣装が使われていたが、ギリシャがトルコから独立すると、ユダヤ人は他のギリシャ人と同様、西洋風の衣装を取り入れたため、ユダヤ人であることを示す装束は失われた。


<情報>

住所: 39 Nikis, Plaka, Athens
開館日: 月曜日から金曜日、9:00-14:30、日曜日、10:00-14:00、土曜日休館
入場料: 5ユーロ(学生3ユーロ)(2010年春の情報。最新情報は下のウエッブサイトで確認して下さい)
http://www.jewishmuseum.gr/

ページの最初に戻る

copyright notice