ギリシャへの扉 > アテネ案内 > アテネの見所 > パネピスティミウー通り > アテネ大学

アテネ大学

アテネ大学
 パネピスティミウー通りに立つ「ネオ・クラッシック三部作」の真ん中に位置するのが、このアテネ大学。デンマーク出身の建築家クリスチャン・ハンセンの設計で、1839-42年の間に建てられた。

 真ん中に立つ二本の柱はイオニア式。ペンデリ山産の大理石が使われている。

 現在、大学の機能は他の場所、特に、アテネの中心部から東に離れたゾーグラフォスの大学都市(パネピスティミウーポリ)に移転しており、ここは特別な儀式などにしか使われていない。

参考文献


ページトップに戻る

copyright notice