『ギリシャへの扉』 > アテネ > アテネの見所 > 国立考古学博物館
国立考古学博物館
アテネ国立考古学博物館
<行き方>
 地下鉄「オモニア」駅で下車、オモニア広場からパネピスティミウ通りに入ってすぐを左に曲がり、8月28日通り(別名パティシオン通り)を北上してゆくのが一番分かりやすい。オモニア駅からは歩いて10分程度。「ヴィクトリア」駅から南下してきても同じぐらいの所要時間。
 入場料、開館時間、休館日についてはギリシャ文化省のホームページ(英語)を参照。夏季と冬季では開館時間が違うので注意。

 このネオ・クラッシック様式の博物館は、ギリシャ政府の資金だけではなく、エレニ・トシツァからの土地寄付、ディミトリオス・ヴァルナルダキスからの資金提供で実現した。建築は1866年に始まり1889年完成した。ここに収められているのは、ギリシャ各地から収集された古代(石器時代からローマ時代)の美術・工芸品など。

参照文献

 ページトップに戻る
copyright