『ギリシャへの扉』 > アテネ > アテネの見所 > モナスティラキ

モナスティラキ

モナスティラキ駅前広場
モナスティラキ広場

 アテネの中心部に位置するモナスティラキはアクロポリスシンタグマ広場ケラミコス遺跡などの観光地に近いため、多くの観光客が集まる。しかし、近くのカフェテリアや商店にはギリシャの若者たちも多く集い、とても活気のある地域だ。

 上に写っているのはモナスティラキ駅前の広場で、右端の建物が駅。真ん中にある背の高い建物はツィスタラキ・モスクで、現在では民俗博物館になっている。その後ろに見えているのがアクロポリス。

モナスティラキ(小さな修道院)という名前から分かるように、かつてここの場所には小さな修道院があった。広場に立つビザンツ時代の教会パナギア・パダナサ(右上の写真、右の端に写っているのがそれ)はその一部だった。

モナスティラキのおみやげ物屋街

 これは、モナスティラキのおみやげ物屋街。観光客目当ての商店と共に、ハードロックやパンク系の服・靴を売る店が軒を連ねており、ちょっと不思議。

モナスティラキ駅前のギロス屋

 上は、モナスティラキ駅前のギロス屋の店先。モナスティラキ駅前にはギロス屋・スヴラキ屋が何軒か集まっている。立ち食いだと、ギロピタで€1.80から€2程度(2008年の価格)。座って食べると少し高くなるが、駅前で便利だし、味もまあまあなので、観光の合間の昼食にお勧めする。上の写真は、老舗の「バイラクタリス」。肉を焼いたものの他、家庭的なギリシャ料理やおつまみ的なもの(メゼデス)も出している。



ページトップに戻る
copyright