ギリシャへの扉アテネアテネの見所アクロポリス> アテナ・ニケ神殿
アテネのアクロポリス: アテナ・ニケ神殿
Temple of Athena NIke
 アクロポリスの入り口南側(入ってゆく時には右手に見える)に立つアテナ・ニケ神殿。上の写真は、アクロポリスの南側ふもとから撮影したもの。

アテナ・ニケ神殿
アクロポリスの麓から見た神殿の後方(修復中の写真)

 神殿が立っているのは、ミケーネ時代に入り口を守っていた要塞の上。

 神殿の建設が決定されたのは前449/8年で、パルテノンの建築家の一人カリクラテスに委嘱された。しかし、その後、アテナイの政治的な混乱、ペロポネソス戦争のため、実行が遅れ、実際に建築が始まったのは前426年ごろ(前430年、前427年との説もある)で、奉献されたのは前425/4。

 前面に四本の円柱が配されたイオニア式神殿。外側四面にはフリーズが巡らされている。東側はオリンポスの神々、南側はギリシャ人とペルシャ人の戦い、他の二面にはギリシャ人同士の戦いが描かれている。ペディメント(破風)にはギガントマキア(神々と巨人との戦い)とアマゾノマキア(ギリシャ人とアマゾン族の戦い)の彫刻があった。

 神殿の中には、木製のアテナ・ニケの像が安置されていた。この像は現存しないが、右手には兜、左手には柘榴(もしくは柘榴の枝)を持っていたことが知られている。

 神殿後方には、安全のために大理石製の手摺りが設けられていた。アテナやニケが彫られたこの手摺りは現在、新アクロポリス博物館で見ることができる。複数の彫刻家の作だが、リーダーはアゴラクリトス。
アテナ・ニケ神殿
アクロポリスの入り口から見た神殿の後方(修復中の写真)

 神殿は四段の基台(クレピドマ)の上に立ち、一番上の段の大きさは約8.3m x 5.6m。ケラの大きさは約3.8m x 4.1m。

 前方に並ぶ円柱はすべて一本石でできており、高さは約4m。

 この神殿の下からは、紀元前6世紀に遡ると見られる小さな神殿の基礎部が発見されている。同じ場所から発見された碑文から、この神殿もまたアテナ・ニケに捧げられていたことが分かる。

 ヴェネツィア軍がアクロポリスを包囲した1687年、要塞を守っていたトルコ軍はこの神殿を崩して、それを建材に防衛壁を造った。ギリシャが独立した19世紀に、神殿は組み立てなおされたが、20世紀になってから補強工事のために再び立て直された。2010年まで大規模な修復工事が行われていたが、2011年の初めに完了した。。


Acropolis
アクロポリス、右の端に立つのがアテナ・ニケ神殿

Temple of Athena Nike
修復中だった当時のアテナ・ニケ神殿

参考文献 ページの最初に戻る

Copyright Notice