『ギリシャへの扉』 > アテネ > アテネで食べる > パレオ・ファリロの「エデム」
タベルナ・カフェテリア 「エデム」

エデム
 アッティカ海岸沿いを走るトラムの「エデム」駅の目の前にあるレストラン兼カフェテリア。アテネから、公共交通機関を使って比較的簡単にたどり着ける。

 シンタグマからヴーラ行きのトラムに乗ってもいいし、地下鉄でネオ・ファリロ駅まで来て、そこからトラムに乗り換えてもよい。アテネからグリファダ、ヴーラ、ヴリアグメニなどに向かうバスもこの前を通る。車で来る人用に、駐車場もある(下の写真)。

Edem taverna

 この店の最大の長所は、右の写真から分かるように、ビーチの目の前にあること。夏なら、ビーチ(マリーナが横にあって、あまりきれいなビーチではないが)で泳ぐついでに立ち寄ることも出来る。そうでなくても、海を眺めながら食事をするのは気分がよいものである。

エデムのビーチ

 私たちは、2009年4月にここで食事をした(以下の値段はすべてその時のもの)。

 右の写真は私たちの席から撮影した海の写真。アッティカの海岸線にはたくさんのレストランがあるが、アテネから近くて、道路を隔てずに海に直接面しているレストランとなると限られてくる。

エデム・タベルナ
 レストランは三つの部分に分かれていて、一つは屋内、一つは仮設バラックのような半野外、もう一つはパラソルの下にテーブルと椅子がある部分(この部分は主にカフェとして使われていた)。私たちは海の近くに座るため、仮設バラックのようなところに陣取ったが、建物の中に入ればもう少し高級感がある(値段は同じ)。

ギリシャのパン
 ギリシャのタベルナらしく、ウエイターさんたちはてきぱきしていて感じがいい。

 食事の値段は全体的に高め。例えば、ザジキ(ヨーグルトとキュウリを合えたもの)やタラモサラタ(タラコの塩漬けでつくったディップ)が€4.50、小魚のフライが€7.50、ポークチョップ€9、グリークサラダが€6.50といった具合。しかし、コーヒーの値段はグリーク・コーヒーが€2.50、カプチーノが€3.70、フラペ€3.50と、アテネ近郊海沿いの値段としては至って普通。

 右に写っているのはパン。一人€0.50で、これは注文しなくても出てくる(ギリシャでは普通のシステム)。量が少なかったので追加してもらったが、料金は取られなかった。
メリザノサラタ
 食事節制期間中だったので、肉、魚、乳製品は抜かして注文。

 左に写っているのはメリザノサラタ、€4.50。茄子を炭火またはオーブンで皮が焦げるまで丸ごと焼き、中身だけを取り出して、酢、ニンニク、オリーブオイルで合えたもの。パンに塗って食べる。ニンニクが効いていてとても美味しかった。


 こちらはパタトケフテデス(ポテトコロッケの一種)、€4.50。
パタトケフテデス patatokeftedes

 ポテトを潰したものにフェタチーズ、ディル、トマトピュレを混ぜて丸め、それに小麦粉をつけて揚げてある。発想としては悪くないのだが、塩辛すぎて失敗。
カラマーリ
 イカのフライ(€7.50)は、普通に美味しい。

 以上の他、フライドポテトとビールと水の小瓶を注文して、お勘定は€24.60。海の横で食事できたし、味も平均的な美味しさだったので、満足した。ただし、これはかなり慎重に注文した結果で、普通に注文していたら、€35から€40ぐらいになっていたと思う。

 本格的に美味しい食事を食べるのが目的ならば、もっと安いか、同じ値段でもっと美味しいレストランが他にあるが、海を見ながらなにかちょっとつまむという感覚で楽しむにはいい店だと思う。

Edem Cafe-Restaurant
Poseidonos 74, Palaio Faliro
Tel. 021-982.00.15

Copyright